クーポン券がいろんなところで手に入る美容室は得か損か!

なんでもクーポン券があると嬉しくなる私たち。飲食店でも美容室でもエステティックサロンでも、クーポン券は、ありとあらゆる業種のものがあります。では、美容室のクーポン券がいろんなところで手に入るとしたら、そのクーポン券を使って行く美容室は得なのでしょうか?それとももしかして損なのでしょうか?よくある化粧品のサンプルは質のいいものが入っていると言われています。サンプルを使用して本体を購入してほしいからです。

クーポン券をばら撒く美容室も、うちの美容室の技術を知ってもらうためにクーポン券で来店した顧客こそ丁寧に仕上げよう!という志があれば、絶対クーポン券を使う方がお得です。しかし、クーポン券のお客様は同じカラーでもこっちの安いほうの薬剤を使う…。という決めごとがあれば、あまり意味がありません。しかも、“ばら撒き”のクーポン券なら、後者の可能性が高いと思われます。「クーポン券を最初にご提示ください」という表示があれば、その可能性もより高いと思いませんか?

いえいえ本当のところはわからないので、あくまでも憶測です。全く違う意図なら美容室さんごめんなさい。しかし、多様な場所でその美容室のクーポン券が手に入るという事は、顧客が殺到する可能性もあるという事です。それをさばける自信があるのでしょうか?それほどのスタッフが揃っているのでしょうか?それとも釣りの撒き餌方式でしょうか…。考えるときりがありませんが、わかっていることはひとつです。高い技術がある美容室はクーポン券も割引券も広告も出しません。出さなくとも顧客が来店するからです。

結局のところ、どんな内容でも“割引”にお得感を感じる人にとってはいくらばら撒いていても特は得なんですね。逆に、割り引いた分だけのサービスになる可能性があるのなら嫌だと思う人にとっては損かもしれないという事です。そのことプラス美容師の技術面を考えるとどうでしょうか?あなたはいろんなところで手に入るクーポン券を出している美容室を損すると思いますか?得すると思いますか?私なら、クーポン券を出していない美容室を選びます。