カットのセンスがあれば、それで素晴らしい美容師なのか?

美容師はカットのセンスがあれば、それで素晴らしい美容師ということになるのでしょうか?私は違うと思います。私は美容室を転々としていました。自分にピッタリ合う髪形など無いとも思っていましたし、「美容室なんてこんなもの」と思ってたんです。するとある日、生活圏内に一軒の美容室ができました。通常なら広告やフリーペーパーでどんなお店かがわかります。待つとも無くそれを目にしたときにどんなお店かわかるな、と思っていました。

しかし、待てど暮らせどなにも入りません。自転車で行けない距離でもなかったので、ぽスティングがあってもいいと思い始めたのですが、それもない。これは珍しいタイプの美容室だと思い、もしかしたら美容室ではなかったのかもしれないとまで思い始めたんです。それで髪を切りたくなってきたころ、そのお店に行ってみました。やはり美容室でした。私はくせ毛だったので、そのころはいつもストレートパーマをお願いしていまた。

はじめて行ったその美容室では、オーナー兼美容師の人が迎えてくれ、受け付けに居る段階で受け付けの人と話している間、美容師さんが私の周りをぐるぐる回り、頭をじっくり見ているようでした。席に通されると、美容師が開口一番「ストレートパーマはあなたには無駄ですけど、今日はどうされたいですか?」「む、むだ?」と私は驚きました。今までストレートをかけてもらってましたし、今日もそのつもりだったんですけど…。

すると「あなたの髪の癖は、生え際が曲がっていて、伸びるにつれ、ゆるいウェーブがかかるくせ毛です。汗をかいたら頭がボワンと膨らむでしょ。だから、根元からいくらストレートにしても少し延びたら根元はボワンなんですよ。」その通りでした。絶対帽子の欠かせない頭だったんです。私は、「ストレートでもしっくりこなかったけど、それが一番無難だったんです。」と答えると「仕方なくストレートだったのなら、任せてもらえますか?」と言われました。

私は長年の疑問が、そこでやっと解決された気持ちで飛び上るほど嬉しかったですね。その日の仕上がりは、人生で最高でした。私の髪の毛の癖を上手に使った髪型にしてくれたのです。帰り際に「今日から帽子はいりませんよ」と言ってくれました。その後も、言葉通り、帽子で押さえなくてもちょうどいい髪型にしてくれていました。無駄なストパー代金も要らず、カットだけで私のくせ毛を生かした緩やかパーマをかけたような髪型です。

しかも私に合ったヘアケアをしてくれます。美容室に通っていると、同じことをしている人もいれば違うケアをしている人、ケアはしない人等いろいろです。カット技術だけではないいろんな方向から見た「頭」を理解していることに感心しました。今までの美容室はなんだったんだろうと思いました。あの人たちプロじゃなかったんだとも思いました。それから私の髪形を見た友人たちがその美容室へ押し掛けることになります。テニスクラブのベンチに座っているだけで「どこの美容室?」と声をかけられ、知らない人も紹介しているようでした。

しかし、だからと言って紹介割引や紹介ポイントのようなものはなにもありません。それでも紹介したくなるんです。私はなるべく癖毛の人を送り込みました。どんな髪型になるか楽しかったからです。これでもかというくらい癖毛の人を送り込みましたが、誰一人として変になっている人は居ませんでした。逆に、全員素敵になっていきます。それは目を見張るものでした。癖毛で悩む友人の家族の中高生も通うようになっていきましたし、家族ぐるみで通う人たちがどんどん増えていってました。