”カリスマ美容師”と”美容師のプロ”は別物?!

カリスマ美容師という言葉が一時期もてはやされた記憶も新しいと思います。カリスマとは、英雄や常人を超えたという意味があります。英雄的に美容師としての腕が一流や、人間離れした腕を持つという意味なら大歓迎です。しかし現実は、ちょうどテレビに出るチャンスがあったとか、たまたま有名人を担当していたという偶然も少なからずあります。カリスマの名前にふさわしい腕を持っている人もいると思います。しかし、全員ではありません。

どちらかといえば、偶然の産物の方が多いように思えるカリスマ美容師。カリスマ美容師と美容師のプロフェッショナルとは全く別物といってもいいでしょう。カリスマはその容姿やセンス、パフォーマンス力が必要だとしたら、美容師のプロフェッショナルは、容姿は全く関係ありませんし、パフォーマンスも必要ありません。プロに必要なのは、顧客の髪質を見極める目とその個性を生かす技術です。

この、”個性を生かす“事ができるかどうかが美容師の腕の見せ所です。しかし、個性を生かす美容師さんにあまり出会わないのはどうしてでしょう。それは、個性を生かすことができるプロがいないことと、お客さんのニーズを優先するという事だと思います。顧客の個性を生かす自身のある美容師は、顧客の希望は一応聞いても、”それはしない方がいい“と断ります。その意志の強さに圧倒されたり、理由を聞いたりしますが、それにも的確な返事が返ってきます。

「顧客の言いなりになる」ということは、自分の技術に自信がないということです。しかも、長年美容室を経営していると、顧客の言いなりになっている方が楽に儲けられます。しかしそれは、ギリギリラインでの儲けです。顧客に似合う髪形を強い意志で提供しようとする美容室は、時間がかかっても必ず成功します。それ以外の美容室は、特に流行るわけでもなく、惰性の営業は惰性でやってくるお客さんだけですから、発展性がないのです。

あなたの通う美容室は、あなたに似合う髪形を提供してくれますか?あなたが「こうしてほしい」という要望に、ハイハイと答えますか?「それはやめた方がいいです
。なぜなら…」という説明はくれますか?しかも、何となく、わかったようなわからなかったような説明は自身のある人の説明とは言えません。素人の自分が利いても、なるほど、うん、それならわかりました。と感心するような納得が得られることが大事なのです。

顧客の質問への答えに、『これ以上質問しないでくれ』という空気を出す美容師はダメです。さらに、的を得ない答えを返してくるのもだめです。なぜなら、素人が質問している意味がわかっていないからです。同じお金を払うのなら、プロ中のプロが良いと思いませんか?


カリスマ美容師のいる美容院に定期的に通うとなると料金も馬鹿になりませんね。そんなときはフクホーでお金を借りて理想の髪型をゲットしましょう。