信頼していい美容室と、信頼してはいけない美容室

信頼していい美容室は、入店した時の空気感や店内で安心して深呼吸できる清潔感、さらにはお客さんの希望するヘアスタイルの話をちゃんと聞いてくれるかどうかというところです。しかし、空気感などわからないという人は、美容室に置いてあるヘアケア商品をむやみに売りつけられないことや、シャンプーやリンスやトリートメント、染め、カラー等々することがたくさんある人に対して、今からこれをします。今はこれをしていますと説明がある美容室は信頼できるのではないでしょうか。

信頼できる美容室や美容師さんは、顧客の話をよく聞きます。どんなヘアスタイルを希望しているのか、前髪の雰囲気は?分け目は?洋服と合わせるときのイメージなどもあればそれも伝えます。すると、いろいろ考えてくれますし、美容師さんもイメージがあると考えやすいと思います。その会話を通じて、自分をないがしろにされてない雰囲気や、私と美容師との会話に近くにいるスタッフが入ってくるなど、スタッフ同士の信頼関係もいいなと思えたら、それはきっといい美容室だと思います。

逆に、信頼できない美容室は、むやみに美容室に置いてある商品を売りつけようとしたり、回数券やキープ、ヘアケア以外のサービスを強く勧めたり、いろんな宣伝が鏡の前に置いてあるなど、美容技術以外でも儲けようとしている美容室です。さらに、少し緊張が見られるお客さんに対して、「みんな使ってますよ~?」など、少し上から見てくるような美容室はナシと判断しましょう。

しかし、美容室にも良い商品は置いてある可能性もありますよね。それは逃したくないじゃないですか!その時こそ、美容師が信頼できていれば、いいものはいいと判断するこの人が入荷した商品ならいいのかもしれないと思えます。ですが、だからと言って何もかも鵜呑みにするのは間違っています。その商品がどのようにいいのか、自分の髪質にあっているか、金額はいくらか、どのくらい持つか、どのような場面で使用するのか等々をきちんと確認してください。

顧客がノリで対応していると、あちらも見切ってきます。この人ノリで買うなと思われるという事です。ですから、きちんと何でも聞くのです。当然金額はハッキリ聞きます。それで自分に必要かどうかを判断して購入です。ひとつの商品に対する美容師とのプロセスは、商品購入するかしないかだけのものではありません。美容師側は、この顧客はノリではない、ポイントは抑えている、この顧客は緊張はしていても的を得ている、といった評価がつきます。

一定の評価がつくという事は、一目おかれるという事です。たくさんいる顧客の一人にならないためにも、押さえるところは押さえておきましょう。この行為は、たとえ信頼できない美容室に入ってしまったとしても、相手を律する行為にもつながります。美容師がかっこよくて眩しい人でも、綺麗で可憐な人でも、それはそれ、これはこれ、で、自分で自分の評価を正当に扱いましょう。